メダカの水槽に貝やはエビ入れるべきかどうかと、おすすめのエビや貝について説明します。

個人の観賞用ならエビや貝は入れた方がいい

最初に結論から言うと、メダカの飼育において、個人の鑑賞目的であればエビや貝は入れたほうがいいでしょう。なぜなら、エビや貝は食べ残しや死骸を掃除してくれる効果があるからです。

配合飼料の食べ残しを放置しておくと腐ってしまい、水質を悪化させます。そこで貝やエビを入れておけば水の腐敗を防ぐことができます。

メダカの専門店や熱帯魚ショップでも食べ残しを掃除させるために貝を入れているお店は多いです。

水槽では特に食べ残しによって水質が悪化しやすいため、エビや貝を入れたほうがいいでしょう。

もちろん屋外のビオトープでもエビや貝は入れておいたほうが水をきれいに保ちやすいです。

コケ取りの効果はほとんどない

ただしエビや貝が食べてくれるのは食べ残しが中心でコケ取りは期待できません。ヤマトヌマエビを入れておくと糸状のコケをよく食べてくれますが、他のエビや貝は気休め程度しか苔を食べてくれないです。中にはフネアマガイやカバグチカノコガイなど苔取り性能が非常に高い貝もいますが、特にガラス面の苔は人間が掃除したほうがはるかに綺麗になります。

メダカ水槽におすすめのエビや貝

メダカ水槽におすすめのエビや貝について説明します。

ラムズホーン

ラムズホーンはレッドラムズホーン、ヒラマキガイなどと呼ばれている小型の貝です。非常に繁殖力が強く、水槽に数匹入れておけばあっという間に増殖します。熱帯の貝で熱帯魚飼育で主に掃除屋さんとして飼育されていますが、室内であれば冬でも平気です。ビオトープでも越冬する個体が多いです。

ラムズホーンはエサの食べ残しを好んで食べてくれるため、特に食べ残しが多いメダカの稚魚水槽に入れておくと効果を発揮します。ラムズホーンはメダカにおすすめのエビや貝の中で最も掃除能力が高いでしょう。

ただし、ラムズホーンを始めとする貝類はアルカリ性の水質を好みます。水が古くなってくるとだんだん減っていくため、定期的に水替えしましょう。水換えするだけでラムズホーンはどんどん増えていきます。

タニシ

タニシもメダカの飼育にはおすすめの貝です。タニシは日本産なのでインテリアとしてメダカ水槽に入れられることもあります。タニシは水質浄化力が高く、植物プランクトンで緑色になった水を透明にする力があるほどです。食べ残しもよく食べてくれますし、ラムズホーンよりも大型なのでよく働いてくれます。ただし、ラムズホーンより水質に敏感で水が酸性になったり汚れたりすると死んでしまいます。導入時もできれば水合わせしたほうがいいでしょう。

モノアラガイ・サカマキガイなど

モノアラガイ・サカマキガイなどの貝は水草を買うと付着してきます。これらの貝は小型なのであまり能力は高くありませんが、食べ残しを掃除してくれる程度の能力はあります。ただ、水槽によっては爆発的に繁殖して貝だらけになることもあるため注意が必要です。逆にソイルを使うなど酸性の環境では増えづらいです。

フネアマガイ・カバグチカノコガイ

フネアマガイ・カバグチカノコガイはコケ取り能力が非常に高い貝です。水槽内で勝手に増えないため美観を気にする方にもおすすめです。ガラス面についたコケを非常に綺麗にしてくれます。ただしその他の能力が高いわけではないのと、高価な点、ひっくり返るとそのまま死んでしまう点が欠点です。あとヒーターを入れる際はヒーターカバーをつけないと高確率で火傷を負って自殺してしまいます。ラムズホーンはヒーターに近づいて自殺する個体を見たことがありませんが、フネアマガイや石巻貝の仲間はかなり多いです。

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビは体長2センチぐらいで大きくならないため、メダカにおすすめのエビです。食べ残しを掃除する能力が高く、水槽内でどんどん勝手に増えていきます。さらにミナミヌマエビは生命力がとても強いため高温や低温、水質悪化にも耐えられます。おとなしいエビなのでメダカの稚魚を襲うこともないため針子がいる水槽に入れておいても捕食される可能性はほとんどないでしょう。

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビは3センチから5センチぐらいのエビで、ミナミヌマエビの倍ぐらいの大きさのエビです。コケ取り能力が非常に高く、糸状コケに悩まされているのなら導入したほうがいいでしょう。食べ残しを掃除する力も高いですが、沈むタイプのエサを与えると横取りするようになります。また、大型のエビなのでメダカがストレスを感じる可能性があるのと、稚魚や針子を食べる可能性があります。実際にヤマトヌマエビが他の生き物を襲っているのを見たことはありませんが、ミナミヌマエビを食べているのを見かけたことがあります。死骸なのか襲っているのかはわかりませんが、あまり高いメダカや稚魚と一緒に飼うのはやめたほうがいいでしょう。成魚と飼育するのは問題ないです。

その他のエビ

その他のエビ(チェリーシュリンプ・ビーシュリンプなど)はメダカと混泳させること自体は問題ありませんがコケ取り能力や食べ残しを掃除してくれる能力は低いです。あと、スジエビなどの肉食性のエビはメダカを襲う可能性があるため入れないほうがいいでしょう。

メダカ水槽にはレッドラムズホーンやミナミヌマエビがおすすめ

メダカ水槽にはレッドラムズホーンやミナミヌマエビがおすすめです。食べ残しを掃除してくれるため水換え頻度を減らせます。

ミナミヌマエビが泳ぎ回ってウザいと感じる方はラムズホーンだけでも入れておくことをおすすめします。

コメントを残す