メダカの採卵方法について解説します。たくさん卵が取れるとり方について気になる方はお読み下さい。

メダカの採卵方法

メダカの採卵方法について説明します。メダカは健康なメスの場合毎日卵を産みます。卵をすぐに放出するのではなくお尻にくっつけているので、卵を持っているメスがいたら産み付けられるのを待ちましょう。

メダカのメスは人口産卵床や水草などに卵を産み付けます。産み付けられた卵は粘着糸と呼ばれるネバネバした糸で水草などに付着しています。

メダカの卵は放置しておくと他のメダカに食べられてしまいます。ただ、産み付けられた直後に食べられることはあまりないので、見つけたらすぐに採卵しましょう。

抱卵しているメスはだいたい数時間以内に産卵するので、数時間おきに水槽の中を観察しましょう。

卵は素手で採卵しても大丈夫

メダカの卵は非常に硬く、手で摘んでも潰れることはありません。産卵床に産み付けられた卵は手で剥がしても大丈夫です。このため、素手でつまんだりしても大丈夫ですし、ピンセットでつまんでいる方もいます。

産卵床ごと取り出す採卵法

卵をいちいち採卵するのではなく、産み付けられた産卵床ごと他の容器に移すやり方もあります。特にたくさん卵を管理している方などはこのやり方を行っています。ホテイ草などはよく増えるので産卵床ごと隔離する採卵法に合っていると思います。

強制採卵法

さらに、お腹に卵をつけているメダカを取り出して強制的に採卵する方法もあります。メダカを網ですくって、おしりについている卵を指で摘んだり、綿棒や筆を使って卵を分離します。この方法がある意味最も効率がよい採卵方法なのですが、親メダカがダメージを受けるので病気になったり傷ついて最悪死んでしまうため注意しましょう。

### 採卵した卵の管理方法

採卵した卵は別の容器で管理します。詳細はこの記事を参照して下さい。

https://sanlaizu.co.jp/medaka-guide/post-2520/

メダカの卵がたくさん取れる方法

メダカの卵がたくさん取れる採卵方法について説明します。

たくさん取りたいなら底砂を入れない

まず、メダカの卵をたくさん採卵したいのであれば、底砂を入れてはいけないということです。メダカは全く卵を産んでいないようで、実はたくさん卵を産んでいることが多いです。

そして、水草や産卵床にくっつかずに底に沈んでしまう卵がかなり多いです。この落ちた卵は回収されることなく、他のメダカに食べられてしまいます。底に砂を敷いていないと落ちた卵を回収しやすいのでたくさん卵を回収したい方にはおすすめです。

水草など邪魔なものも入れない

さらに、多く卵を採卵したいなら水草や流木、植木鉢など邪魔なものを入れないほうがいいです。

これらの物があると卵を産む場所が分散されるので非効率です。卵をたくさん採卵したいのなら水槽の床に何も入れないベアタンク+人口産卵床のセットが一番確実だと思います。

水草や砂利を入れていてもなるべく多くの卵を採卵する方法

とはいえ、メダカの飼育容器に何も入れないと水が汚れやすくなりますし、インテリアとしても殺風景になります。

水草や底砂はバクテリアの定着を助けたり、有害物質を吸収してくれるのでメダカを健康的に飼育するのであれば入れたほうがいいです。特に水槽で飼育するのであれば水草などはあったほうがいいでしょう。

ですが、先述のように水草や底砂を入れると卵が探しづらくなるため採卵の恋売付が悪くなります。そこで、水槽で水草や底砂を入れていてもなるべく多くの卵を採卵する方法を紹介します。

採卵しやすい水草

メダカは自然下では水草などに卵を産み付けています。その中でも生みやすい水草とそうでない水草があります。

アナカリス

アナカリスは非常にメダカが産卵に好む水草です。人口産卵床とアナカリスを一緒にしておいたら全く産卵床に産んでくれなかったこともあります。ただ、アナカリスを入れるとメダカはまんべんなく産卵するため採卵が面倒なのが欠点です。

ウィローモス

ウィローモスもメダカの産卵床として有名です。アナカリスと同じぐらい産みますが、ウィローモスの場合産み付けられた卵を簡単に見つけることができるのがメリットです。

ホテイソウ

ホテイソウは浮草で根っこにメダカが卵を産みつけます。メダカの産卵床としてはもっともポピュラーですが冬になると枯れてしまうのが欠点です。その他にも根っこが広がるタイプの浮草であればメダカの産卵床として使うことができます。

メダカの採卵法は簡単

メダカの採卵法は簡単です。産んでいないと思っていても実際は卵を水草などに産み付けていることが多いのでよく探してみましょう。水中だと卵が見つからないことが多いため、一度水草や産卵床を出してみると見つかることがあるのでやってみましょう。

コメントを残す