メダカの水槽はどのサイズや種類がおすすめなのかについて説明します。

メダカの水槽はなるべく大きなものを使うべき

水槽のサイズ(容量) メダカの匹数
30cm未満(5-10リットル未満) 2-3匹
30cm(10-12リットル) 5-6匹
40cm水槽・30cmキューブ(20-24リットル) 10-15匹
60cm(56リットル) 20-30匹

上記はよく市販されている水槽のサイズと適正なメダカの数です。

メダカの水槽はなるべく大きなものを使いましょう。メダカの飼育は1匹あたり1リットルと言われていますが、実際は1匹あたり2〜3リットル程度の容量があるとトラブルが少ないです。メダカは簡単な魚と言われていますが、それは外で飼育した場合であって室内だとそんなに簡単ではありません。特に水槽立ち上げ直後は水質が悪化しやすいため、余裕をもって少しサイズが大きい水槽を用意するのがおすすめです。

徐々にメダカを増やしていく

メダカは亜硝酸などの有害物質に弱いため、いきなり水槽に多くのメダカを入れると死んでしまいます。このため、最初は大きな水槽でもメダカは少ししか入れずに、有害物質を分解してくれるバクテリアが増えるまでは新しいメダカを投入するのは我慢します。

水槽立ち上げからおよそ2週間ぐらいはメダカを少なく飼育しておき、徐々に増やしておくと失敗しにくいです。

メダカの水槽のおすすめ

メダカの水槽のおすすめをサイズ別に紹介します。

30センチ以下

メダカの数が少なければ30センチ以下のサイズの水槽でも飼育可能です。上記のような水槽セットは5〜6リットル程度の容量しかありませんがフィルターやエサ、カルキ抜きなどメダカの飼育に必要なものがすべて揃っています。

30センチ以下の水槽であればメダカを飼育できるのは2〜3匹程度でしょう。もちろん稚魚や針子であれば10匹以上飼育することができます。

メダカ元気やさしい水槽セット

このように、ライトとフィルターが一体化したメダカの水槽飼育セットもおすすめです。

30センチ水槽

30cm水槽はよくホームセンターなどでSサイズ水槽として販売されています。10リットル以上容量が入るので5匹程度メダカを入れてしまっても問題ありません。

フレーム付きの水槽セットは安価で購入できますが、オールガラスのおしゃれなセットもおすすめです。

また、メダカ専用に水流が弱いフィルターがセットになった30センチ水槽もおすすめです。

40cm水槽

40cm水槽はLサイズ水槽としてホームセンターなどで販売されています。容量は20リットルほどでたくさんメダカを入れることができます。10匹以上メダカを泳がせたいのであればおすすめのサイズです。

30センチキューブ

30センチキューブは奥行きが普通の30センチ水槽より倍ぐらいのサイズがあるためかなり容量が多いです。主に熱帯魚飼育に使われますがメダカの飼育にもインテリア性が高く人気があります。30センチキューブ水槽は各社フレームレスの美しい水槽が販売されておりおすすめです。

60センチ水槽

60センチ水槽はかなり大型になり、容量も56リットルあるので多くのメダカを飼育できます。30匹以上は飼育できますが、いきなり60cmから始めるのは気が引ける方も多いと思うので、まずは30センチキューブぐらいから徐々に増やしていくといいでしょう。

水さえあれば水槽以外もおすすめ

また、水さえ入れば水槽以外で飼育するのもおすすめです。室内でも睡蓮鉢や水鉢、梅酒ビンなどで飼育している方もいます。

また、屋外ではコンテナやタライなどでも飼育することもできます。メダカは本来横からではなく上から見るものなので底が浅くて広いケースで飼育するとゆったりと泳いでいるメダカを上から観察できます。

上見用の水槽もある

さらに、普通の水槽よりも底が浅い上見用の水槽も販売されています。昨今はメダカブームが続いており、各社はたくさんのメダカ用の水槽や水槽セットなどが販売されています。このようにユニークな水槽セットもたくさん売られているので探してみるといいでしょう。

水換えが楽な水槽もおすすめ

さらにGEX社の楽アクアのようにワンタッチで水換えができる水槽もおすすめです。メダカの飼育は水換えが大切なので楽アクアは非常に便利なのでおすすめの商品となっています。

この他にも、ユニークな形の水槽はまだまだたくさんあるので、インテリアとしてメダカ飼育を楽しみたい方は試してみるといいでしょう。

コメントを残す