メダカの寿命はどれぐらいなのかについて説明します。
1年で死んでしまうって本当なのかについても解説します。

メダカの寿命は平均2年~3年程度

メダカの寿命は個体によりばらつきがあります。ですが、平均すると2年~3年程度だとされます。多くの個体は生後1年をすぎるとポツポツと死ぬ個体が出始め、2年ぐらいすると色も薄くなっていきます。次第に腰が曲がるなどの老化現象が現れる個体もあります。

そして、ほとんどのメダカは3年前後で寿命を終えて死んでしまいます。

購入するともっと寿命は短い

さらにショップで買ったメダカや野生のメダカはもっと寿命が短いです。なぜなら買ってきた時点である程度大きくなっているからです。小さめのメダカなら生後3ヶ月~半年前後なので2年前後生きればよいほうです。

さらに、卵をぶら下げているような大きなサイズのメダカは生後1年以上経っていることもあるためさらに寿命が短くなります。

メダカの最高寿命は5年以上?

ほとんどのメダカは3年程度で死んでしまいますが、メダカの最高寿命は5年以上だと言われています。実際にネット上では5年以上生きたメダカがたまに紹介されています。

メダカを長生きさせる方法

メダカを長生きさせる方法を紹介します。

病気が出ないように気をつける

メダカが早死してしまう最大の原因は病気です。この記事でも書いていますが、メダカは寄生虫や細菌などの感染症に非常に弱いです。

https://sanlaizu.co.jp/medaka-guide/post-2557/

メダカは体が小さく病気に感染するとあっという間に死んでしまうので異常が現れたらすぐに対処しましょう。

また、メダカが病気になって寿命前に早死してしまう最大の原因は他のメダカを水槽に入れるのが一番リスクがあります。新しいメダカは病原体を持っている事が多いため、事前にトリートメントを行いましょう。

特にメダカ以外の熱帯魚などを飼育しているとほぼ間違いなくカラムナリス菌などに感染するため、寿命が尽きるまでメダカを飼育したいのであれば病気対策には注意しましょう。

飼育密度に気をつける

メダカを過密飼育すると寿命が縮まります。小さい水槽でたくさんのメダカを飼育するとストレスに晒されてしまうため、寿命が短くなりやすくなってしまうのです。

メダカの寿命を伸ばすためには、よく言われている1㍑=1匹ではなく、2~3リットルにつき1匹が望ましいです。飼育密度を低くすればストレスだけでなく水質悪化もしにくいですし病気の万円も避けることができるだけでなく、稚魚や若魚の成長スピードも早くなります。

https://sanlaizu.co.jp/medaka-guide/post-2526/

餌に気をつける

メダカの寿命を伸ばすためには餌に気をつけましょう。栄養が豊富な餌を与えていれば長生きさせやすいです。実際栄養価が高い餌を与えているメダカは年を取っていても痩せづらく卵を生み続けるなど若さをキープしています。なるべく栄養価が高いメダカの配合飼料や、ミジンコやゾウリムシなどの生きた餌を与えるとよいでしょう。

https://sanlaizu.co.jp/medaka-guide/post-2492/

また、エサの頻度もメダカの寿命を伸ばすためには重要です。メダカはエサを常に探している生き物なので、一回にたくさんエサを与えるよりも細かく回数を分けたほうが寿命を伸ばしやすいと言えるでしょう。

バクテリア・水質添加剤を使う

メダカの寿命を伸ばすためにはバクテリア剤や添加剤を使うのも有効です。バクテリアなどを使用すれば水が安定しやすいためメダカが健康に育ちやすく、寿命を伸ばしやすいです。

現在では様々な安定剤やバクテリア剤が販売されているので試してみるといいでしょう。

https://sanlaizu.co.jp/medaka-guide/post-2575/

冬眠させる

メダカは冬眠中は仮死状態になっているため、寿命を消費しないとされています。実際一年中加温し続けるより冬眠させたほうが寿命が長い傾向があるそうなので、何年もメダカを飼いたい人は外で飼育したりヒーターで加温しないほうがいいでしょう。

改良品種は寿命が短い?

改良メダカは黒めだかなどの野生のメダカと比べて寿命が短いという説があります。たしかに、だるまメダカなどの奇形が入っているメダカは転覆病などの病気になりやすいため寿命が短い傾向があります。

ですが、色が違う程度の改良メダカであれば特に寿命が短いという事はありません。もちろん、野生の黒メダカは病気や温度変化に強いのは否めませんが、改良メダカだからといって病弱ですぐに死んでしまうということは考えにくいでしょう。

とはいえ、人工的に採卵してメチレンブルーで消毒され、病原菌などにさらされずおとなになった改良メダカは寄生虫や細菌に弱いのは間違いないので、病気が出ないように注意しましょう。

まとめ

メダカの寿命は2年~3年程度だと言われています。ですが、最大で5年程度生きたメダカもいます。メダカの寿命を伸ばし、長生きさせたいならゆったりとした水槽で高栄養のエサを与えましょう。

 

コメントを残す