メダカにPSBは効果があるのかどうかについて説明します。水質浄化や稚魚のエサになる?増やし方や培養法を紹介!

メダカにPSBは効果があるが・・・

私はメダカ用にPSBを培養して使っています。自分の経験を踏まえて説明すると、PSBはたしかにメダカにとって効果があります。水質浄化作用や稚魚、成魚のエサとして使用でき、すぐれた効果を発揮します。

ですが、PSBには後述しますが、「臭い」というデメリットがあります。PSBはこの臭さが尋常ではなく、耐えられないレベルの臭いを放ちます。この臭いさえ我慢できればPSBは自分で増やせるエサ+バクテリアとしてとても便利に利用できます。

PSBとは?

PSBは光合成細菌と呼ばれ、植物のように光を浴びて増殖する細菌の一種です。PSBは水質を浄化する効果があり、バクテリア剤として販売されています。

また、PSBは光さえあれば増殖するため、個人の家でも簡単に増やすことができます。このため、メダカを飼育している方はプロ・アマ問わずPSBを使用している方が非常に多いです。

針子・稚魚のエサとしても使える

さらに、PSBは針子や稚魚のエサとしても使用されています。PSBは非常に小さいため針子も食べることができます。ただ、PSBはあまりにも小さすぎるため、口からではなく針子のエラからPSBを吸収しているという説が有力です。

実際にPSBをメダカの針子が食べているかどうかは諸説あるのですが、PSBを与えると明らかに成長が早くなるためメダカの養殖業者などもPSBを与えているところが多いです。

成魚にも用いられる

さらに、メダカの成魚にもPSBを与える方も多いです。PSBをスポイドで水槽に添加すると魚がよってくるため、PSBを吸収しているのはほぼ間違いないと思います。PSBはアミノ酸やビタミンなどの栄養素が豊富だとされていて、痩せ細り病など、病気のメダカのための滋養強壮剤としても用いられています。

PSBの与え方

メダカに対するPSBの与え方を解説します。

水槽立ち上げ時

水槽立ち上げ時には、水1リットルに付きPSBを0.5cc~2cc混ぜます。PSBは濃度が濃ければ濃いほど効果を発揮しやすくなります。水槽立ち上げ時にPSBを入れるとアンモニアなどの毒素を分解するのを助けてくれるため立ち上がりが早くなります。

エサ・メンテナンス

PSBをメダカのエサや水質維持のメンテナンスに用いる場合は、毎日スポイドで水槽に投入します。PSBの量は1リットルに付き0.5cc~1cc程度で十分です。PSBを投入するとメダカがすぐに寄ってくるのでかなり嗜好性が強いのだと思われます。もちろん水質維持にも効果があります。

PSBのデメリットは臭い

PSBはエサとしてもバクテリア剤としても有能ですが、非常に大きなデメリットがあります。それは、非常に臭いということです。この臭さが尋常ではなく、もしあなたが家族と同居している場合、屋内でPSBを使うのは無理だと思います。

具体的にPSBの臭いを言葉にするのなら、凝縮したウンコの塊という表現が最も正確だと思います。PSBを使っているとこのウンコの臭いを毎日嗅がなければなりません。

さらにPSBを毎日使っている水槽にもウンコの臭いがするようになります。このようなウンコ臭い環境でもメダカは元気に泳いでいますし、PSBを入れると寄ってくるので不思議だと思います。

PSBの増やし方・培養法

PSBの最大のメリットは自分で増やせることです。他にも優れたバクテリア剤はたくさんありますが、手軽に自分の家で増やせるバクテリア剤はPSBだけです。

PSBを増やす際に準備するもの

PSBを増やす際に準備するものを説明します。

PSB原液
ペットボトル
エビオス錠

PSB原液

まず、PSBを増やす際に準備するものはPSBの原液です。市販されているPSBで大丈夫ですが、濃縮タイプの濃いものを選ぶと失敗が少ないです。Amazonなどの通販サイトでは濃いタイプのPSBが売られているのでそれを選ぶといいでしょう。ホームセンターなどで売られている薄紫色のPSBは薄いのでうまく増えないことがあります。

エビオス錠

PSBはそのまま原液を薄めただけでは増えません。PSBの菌に食べさせる栄養が必要です。具体的には豆乳や専門の培養液などを使っている方もいますが、一番簡単なのはエビオス錠です。ペットボトルの中にエビオス錠とPSB原液を水で薄めたものを入れておけば培養することができます。

ペットボトル

PSBを培養する際の容器です。完全に密封しなければならないのでペットボトルが一番最適です。

PSBの培養法

PSBの培養法を紹介します。

準備

まずはペットボトルの中にPSBの原液を入れます。あまり入れる量が少ないと培養完了までの時間が長くなります。具体的には4分の1から半分程度原液を入れる方が多いです。

原液を入れたら次にエビオス錠を入れます。エビオス錠は1リットルにつき5錠程度です。エビオス錠を入れたら水をペットボトルが満杯になる寸前まで入れます。この際カルキ抜きしなくても普通の水道水を直接入れれば大丈夫です。

PSBは嫌気性細菌と呼ばれており、空気があると増えないのでかならず蓋をします。

培養

ペットボトルは光が当たる場所に放置します。PSBは光があたって20度以上あれば培養可能です。夏場であれば2週間前後外で放置すれば培養が完了します。色が濃くなってきたら培養完了ですが、最低でも2週間は放置したほうがよいPSBが培養できるそうです。

また、室内でも熱帯魚用のライトをつけっぱなしにするなどの工夫をすれば培養可能です。1日じゅうつけっぱなしにすれば1週間前後でPSBを培養できるそうです。ですが、非常に臭いのが大きな欠点です。

コメントを残す